みんながんの話をしていますが、がんってそんなに怖いものなのでしょうか? 癌は何を食べるのか?

2.jpg

今の社会では、「がん」はもはや遠い言葉ではなく、手の届かない存在ですらあります。 子供の頃は楽しいはずなのに不治の病になる子もいれば、元気な頃に乳がんになる女性もいます。 そのため、がんという言葉に敏感になっている人が増えてきており、より深刻に受け止められるようになってきています。 癌とは何か、何が美味しいのかを見てみましょう。

みんながんの話をしていますが、がんってそんなに怖いものなのでしょうか? 癌になった時に食べると良いものは何ですか?

一、がんの原因

一般的に悪性腫瘍と呼ばれるがんは、細胞の分化や増殖が制御されていないことが原因で起こる細胞性のがんです。 がんの原因は、内因性のものと外因性のものに分けられます。

1.内部的な原因 遺伝因子、免疫因子、内分泌因子などがあります。 遺伝的要因によって引き起こされるがんは比較的まれで、BRCA基因檢測香港通常はがん発症のリスクを高めるだけで、がんの直接の原因となることはほとんどありません。 免疫因子とは、白血病やリンパ腫、エイズなどのように、内的要因によってがん細胞がそれを利用するための自然免疫や後天的な免疫システムの欠陥のことです。 内分泌環境因子は、私たちの体の中で分泌されたホルモンが異常な問題を抱えている場合、例えば、プロラクチンは、乳がんの引き金となり、成長ホルモンの研究は、中国でのがんの開発を促進することができますトリガーのがんです。

2.外的要因。 現在の中国では、生活習慣、仕事のプレッシャー、環境問題など、外的要因ががんの最大の原因となっています。 喫煙は人生の中で最も多い習慣です。 中国では、がんの30%は喫煙が原因とされています。 その一部は過重労働によるもので、内臓系の不調やガンにつながる。

II.がんの治療

1.1 外科的治療を行う。 現在、わが国のがん治療で最も一般的なのは手術であり、悪性腫瘍の根治的切除による状況は避けられません。 腫瘍の完全摘出を達成できれば、がんの治療が可能になります。

2、化学的方法による処理。 防止癌症復發化学的に行われた治療はまた薬と呼ばれる治療することができます、学生を介して効果的に薬の癌細胞を殺すことができます、手術の必要がない場合には癌細胞を解決する必要があります。

がん患者が食べるべきもの

がん患者は、大豆製品、大麦、セロリ、ニンニクなどの栄養価が高く、免疫力の高い食品を食べるなど、食事にもっと気を配らなければなりません。 新鮮で清潔で衛生的なものでなければならず、腐ったものや腐敗したものを食べてはいけません。
其他推荐:

https://www.sundaymode.com/fashion/184777/減肥必睇-網路大熱的3款減肥餐單-睇下邊款最岩你/

"みんながんの話をしていますが、がんってそんなに怖いものなのでしょうか? 癌は何を食べるのか?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント